防災体制の整備

平成23年3月11日の東日本大震災の教訓、近年中に発生が予想される大規模地震及び南関東直下型地震を想定し、生徒等(園児・児童・生徒・学生)及び職員の安全を確保するため、地震防災体制及び防災応急対策等を整備しました。

取り組み内容(赤羽キャンパス)

(1)防災倉庫7棟の新設

各校種の防災用品の保管・管理を適切に実施するため、幼稚園×1棟、小学校×2棟、中学校×1棟、高等学校×1棟、短期大学×1棟及び法人事務局×1棟の計7棟の倉庫を新設しました。

(2)防災用品の取得

ア.想定
行政機関支援可能日(地震発生から3日)までの間の備蓄量を確保しました。
イ.対象者
帰宅困難を想定し、全職員(パート等を除く。)約160名、全生徒等約1,840名、合計約2,000名を対象としました。
ウ.保管品目及び数量
(ア)保管品目
水・食糧を始めとして全66品目
(イ)数量
9,585箱(梱包単位)

(3)星美学園防災マニュアルの作成

ア.学校法人星美学園の生徒等及び全職員の安全を確保するとともに被害局限を図るため、地震防災体制及び地震防災応急体制に係る措置を定めました。
イ.概要は、次のとおり
(ア)事前の危機管理
(イ)地震発生時の危機管理
(ウ)事後の危機管理
(エ)添付書類

(4)地域(北区)との協定

ア.北区と「災害時における協力体制に関する協定書」を締結(24.6.4付)し、星美学園内建物の一部を地域住民の避難所として開放します。
イ.北区赤羽消防署と「震災時における消防部隊集結場所に関する承諾について」(8.8.19付)に基づき、星美学園内グランド等施設の一部使用を許諾しています。