キャンパスライフ

Campus Life

学修について

CAP制度

本学では、単位制度を実質化し、学修すべき授業科目を精選することで十分な学修時間を確保し、授業内容を深く真に身につけることを目的とし、CAP制度を導入しています。
CAP制度とは、単位の過剰登録を防ぐため、1年間又は1学期間に履修登録できる単位の上限を設ける制度をいいます。
本学では、履修登録上限単位を、1年間で50単位と定めています。
対象となる科目は、卒業要件に算入できる科目ですが、以下の場合は、上限を超えて履修登録を認めています。

(1)
所定の単位を優れた成績をもって修了したとき
(2)
専門教育科目に含まれない免許・資格取得に必要な授業科目を履修するとき

成績評価の方法

●成績評価
成績は、〈A+、A、B、C、D〉の5段階によって評価されます。〈D〉は不合格です。また、成績表には、〈A+、A、B、C、D〉の成績評価が示されます。
●GPA制度
本学では履修登録科目の理解度を示す基準としてGPA制度に基づいた成績評価も行っています。
GPA(Grade Point Average)とは、各成績評価に対してそれぞれポイントを定め、1単位あたりの成績の平均値を示すものであり、学力を証明する指標として用いることがあります。達成基準のGPA(B=2.0)を下回った学生に対しては、面談等で学修指導を行うことがあります。合格最低基準のGPA(C=1.0)を下回った学生に対しては、面談や保護者に状況を文書で通知するなど、学修指導を行っています。

成績評価の基準は次の通りです。

成績評価 得点 GP  
A+ 100点~90点 4.0  
A 89点~80点 3.0  
B 79点~70点 2.0 達成基準
 
C 69点~60点 1.0 合格最低基準
 
D(成績不良による不合格) 59点~0点 0  
X(失格・放棄による不合格) 0点