公開講座

Extensional Lecture

講座紹介

保育・教育

講座番号
400

特別支援教育における校内支援体制を考える
~子どもと保育者・教員を支える組織づくり~

講師:
服部 純一/遠藤 愛/若井 広太郎/萩原 明子
講座日程
8月18日(金) 10:30~15:30(受付開始 9:45~)
参加料
5,000円
※全体講演会または、分科会のいずれかのみの参加の場合も同一料金となります。
定員
75名(先着順) ※定員に達し次第〆切りと致します。
受付期間
6月1日(木)~8月3日(木)必着
備考
昼食は各自でご用意ください。学食はございません。

【全体講演会】

個のニーズを支える学校 ~個々の教育ニーズに向き合う学校づくりのために~

講座内容

文科省の調査等における小中学校での「特別支援教育体制整備」については、形式的な部分ではほぼ全校で達成できている。
しかし、児童生徒個々の教育ニーズの理解や、その特別な教育課題に沿った支援が具体的に展開されているかという部分については、子ども本人や保護者の満足感や充足感とは大きな距離がある。
今後課題となる幼稚園保育所や高等学校の発達障害児理解と支援を含め、個々の教育ニーズに向き合う学校づくりをいくつかの事例を交え、真の支援体制づくりの方法を考えたい。

講師プロフィール

服部 純一(日伊総合研究所・客員研究員/DRM発達支援教育研究所主宰)
1981-82年アメリカ・ノースカロライナ大TEACCH客員研究員。日本版PEP(自閉児・発達障害児教育診断検査)等の開発出版に参加。埼玉県内自閉児・情緒障害児学級・養護学校担任、特別支援教育行政、小学校教頭・校長等を歴任。定年退職後埼玉大学教育学部附属特別支援教育臨床研究センターを経て現職。通常学級における授業のユニバーサルデザイン化、個別の指導計画を活用した特別支援学級・学校の教育課程などを指導。全国特別支援学級設置学校長協会参与。

【分科会】Ⅰ

幼稚園・保育所の園内体制~子ども・保護者とよりよい関係を作る~
(幼稚園・保育所)(定員25名)

※分科会はいずれか一つをお選びください(同時刻開催)。

講座内容

統合保育が一般的になる昨今、児童や保護者の様々なニーズを捉え支援する実践技術は、保育者にとってもはや欠かせない実践技能となった。社会的自立に向けた児童への支援はもちろん、保護者が将来に希望をもって子育てができるようにするために、最初の教育的サービスとして「保育」ができることは何か。様々な実践事例を通して、子ども・保護者を支えるための園内体制づくりという観点から協議する。

講師プロフィール

遠藤 愛(星美学園短期大学准教授)
明星大学大学院人文学研究科修了。現在、星美学園短期大学准教授。統合保育に向けた保育者養成プログラムの開発を行う傍ら、臨床心理士として、東京都や埼玉県内の幼稚園・保育所、小・中学校での巡回相談を行う。研究分野は、特別支援教育、スタッフトレーニング。共著に『実践に生きる特別支援教育』(明星大学出版部 2009年)、『学校コンサルテーション-統合モデルによる特別支援教育の推進―』(学苑社 2008年)などがある。

【分科会】Ⅱ

支援を共に考えよう!~子どもの育ちを支える支援ミーティング~(小学校)
(定員25名)

※分科会はいずれか一つをお選びください(同時刻開催)。

講座内容

「よりよい支援ミーティングを行うためにはどうしたらよい?」というお声を、最近よく聞きます。「インクルーシブ教育システム構築支援データベース(インクルDB)」の支援事例を参考にしながら、子どもの育ちを支えるための支援の目標や方法について、一緒に考えてみませんか?小グループによる話し合いを体験しながら、支援ミーティングについて考えたいと思います。みなさまのご参加をお待ちしております。

講師プロフィール

若井 広太郎(筑波大学附属大塚特別支援学校・支援部)
筑波大学大学院教育研究科(修士課程)を修了後、区の教育相談員を経て、筑波大学附属大塚特別支援学校教諭となりました。小学部の教員を十数年経験し、現在は地域支援部で特別支援教育コーディネーターとして働いています。著書(共著)長崎・中村・吉井・若井「自閉症児のための社会性発達支援プログラム-意図と情動の共有による共同行為-.」(日本文化科学社 2009年)

【分科会】Ⅲ

多様な生徒の支援について~高等学校における特別支援教育の実際~
(中学・高校)(定員25名)

※分科会はいずれか一つをお選びください(同時刻開催)。

講座内容

不登校を経験し心に様々な課題を抱えている生徒や発達障害やその疑いのある生徒など多様な生徒たちのためにどのような支援ができるのでしょうか。高校現場の校内支援体制・ユニバーサルデザインの授業・就職や進学に向けての取組について紹介します。今後の課題について一緒に考えていきましょう。

講師プロフィール

萩原 明子(はぎわら あきこ)
茨城県立水戸桜ノ牧高等学校常北校 教頭
筑波大学大学院教育研究科障害児教育修了。平成22・23年度文部科学省「特別支援教育総合推進事業」の研究指定を受け,チームとしての支援体制,学校全体の協働支援体制の確立に尽力した。著書は「特別支援教育コーディネーターの役割と連携の実際」(香川邦生、大内進 著 教育出版 2012年 P.196-207),フレックススクールにおけるわかる授業の実践に向けての取り組み①②(特別支援教育研究.全日本特別支援教育研究連盟編集No.688.No.689)他

お申し込み

インターネットでの
お申し込み・お問い合わせ

受講申込・資料請求
お問い合わせ

上記「受講申込・資料請求・お問い合わせ」ボタンから講座のお申し込みができます。指示に従い必要項目を入力のうえ、お申し込みください。

窓口でのお申し込み

受付時間
平日 9:00~16:00
土曜 9:00~15:00
※日曜・祝日および本学指定日を除く

FAXまたは郵送でのお申し込み

受講申込シートPDF:250KB

「受講申込シート」をダウンロードしていただき、必要項目を記入のうえ、下記FAX番号に送信してください。

FAX.03-5993-1600(代)

郵送される方は「受講申込シート」をダウンロードしていただき、必要項目を記入のうえ、下記窓口まで送付してください。

郵送
〒115-8524
東京都北区赤羽台4-2-14
星美学園短期大学
公開講座センター受講受付 行