〒115-8524  東京都北区赤羽台4-2-14

HOME > ごあいさつ

ごあいさつ


豊かな自然環境の中で人としての根っこを育てる魂の教育
これが、星美学園幼稚園の教育です。
子どもたちは明るく元気いっぱい幼稚園生活を満喫します。
子どもたちの中に育んでいきたいことは、私たちを超えるお方、「神さま」を意識して生きるということです。
誰が見ていても、見ていなくても良いと思ったことはすすんで行うことができるようになることを希望しています。
子どもたちの一日は、小さな手を合わせて祈ることから、スタートします。
そして、園生活の中で、感謝の心、いたわりの心、助け合い、学び合う心が育まれます。
友だちとのかかわりを深めながら、お互いの違いや良さを受け入れていく力も身についていきます。
それができるのは、何よりも幼稚園の中で子どもたちが愛され、大切にされていることを肌で感じることができるからです。
子どもたち一人一人は、「自分がいちばん愛されている」と感じ「かけがえのない自分の存在」を大切にしています。教育環境の中に、創立者聖ドン・ボスコの精神が脈打っているといえるでしょう。
「神と人を大切にし、人間の共通善、真の価値に目覚めた誠実な市民、良いキリスト者として、心身ともにたくましく生きる子ども」を育てたいと考えています。これは、私たちの学園の建学の精神でもあります。目先のことに振り回されず、しっかりとした根っこのある人間に育つために、かけがえのない幼児期を子どもらしく精一杯生きられるようにと考え、子どもたちと向き合っています。

園長  内田 泉

140520_178.jpg