キャンパスライフ

Campus Life

ハラスメント防止の取り組み

ハラスメントを生まない環境づくりをめざして

星美学園短期大学では、ハラスメント等の人権侵害のない大学づくりに取り組むと共に、人権侵害を未然に防止し、快適な環境を作り、維持するよう努めています。
ハラスメントの多くは、コミュニケーションの行き違いから始まります。自分と相手の関係性を常に意識し、自分の行動が相手にとってどう映っているのか、心を配ることが大切です。学生、教職員ともに、自らの行動を振り返ること、適切に伝えることに努め、信頼関係を育んでいきましょう。

ハラスメントとは

パワー・ハラスメント

優越的な立場にある者が、地位や職務上の権限を利用して人格と尊厳を侵害し、精神的・身体的損害を与えることをいいます。主には職場のハラスメントですが、学生の場合は、学生同士で相手が不快に感じることをし続けることも含みます。

具体的な例

  • 本人のいないところで、相手の評判を落とすような悪口や噂を言いふらす。
  • 相手がいじめだと感じるようなことばや行為の嫌がらせをする。
  • 暴力的な言動,人格を傷つける言動,悪口・中傷およびプライバシーに関することを言いふらしたり、ネット上に書き込んだりする。
  • 人前で人格を否定するような叱責をする、暴言を吐く。
  • 能力や経験と、かけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えない。または、能力や経験以上の仕事をさせる。
  • 些細なミスに対して大声で叱責したり、執拗に暴言を繰り返したりする。
  • 相手を陥れる目的で悪い評判を周囲に吹聴する。

アカデミック・ハラスメント

短期大学及び研究機関で、優越した地位にある者がその権力を利用して一方的・差別的・暴力的な指導を行うなどにより、個人の正当な権利である研究、修学の機会を奪うことを指します。これは、教員と学生、学生同士、教員同士で生じた下記のような事柄に該当します。

具体的な例

  • 適切な研究指導等を意図的に行わない。
  • 不当に過重な課題を課す。
  • 必要な情報を与えずに、特定の学生を排除する。
  • 進路に関し、教育的配慮に欠けた妨害・干渉をする。
  • 成績が良いにもかかわらず、自己の主観的な基準により単位を与えない。
  • 常識的な教育指導の範囲を超えて、厳しく叱責する。
  • 正当な理由がないのに退席を促したり、示唆したりする。

セクシュアル・ハラスメント

相手の意に反し、相手に不利益や不快感を与える性的な言動を行ったり、性的な噂を流したりすることで精神的・身体的・社会的損害を与えることをいいます。セクシュアル・ハラスメントには、男性から女性に、また女性から男性に対して行われるものの他、同性に対するものも含まれます。

具体的な例

  • 不必要に身体に触ったり、じっと見たりする。
  • 不必要に性的な話をする、または冗談を言う。
  • 容姿や身体に関することをたずねたり、からかったりする。
  • 個人的なメールをしつこく送る。

ハラスメントを受けたと感じたら

  • 一人で悩まないで、周囲の人に相談しましょう。
  • 勇気を持って「嫌だ」という意思を言葉や態度で伝えましょう。
  • 短期大学ハラスメント相談員に相談しましょう。

秘密は厳守いたします。あなたが受けたハラスメントと思われる行為について日時・場所・何をされたかなど、記録をとっておきましょう。

ハラスメントを受けている友人がいたら

  • 友人の相談にのりましょう。
  • 短期大学ハラスメント相談員に相談に行くことを勧めましょう。
  • 必要ならば一緒に行ってあげましょう。
  • 実際に目撃した場合は、証人になりましょう。

ハラスメントの被害にあったら

「ハラスメントかも・・・」と感じたら一人で悩まずに、まずは、ご相談ください。

相談者および関係者のプライバシーや名誉は、守秘義務で守られています。

相談の流れ

相談者

ハラスメント相談窓口専用メール

ハラスメント相談員の聞き取り

ハラスメント相談員が複数名でお話しを伺います。
どのように解決できるか、どのようにしたいのか、一緒に考えます。
内容によっては、学内・学外の他の機関を紹介する場合もあります。

相談者が申し立てを望み、客観的にハラスメントであると判断されたとき

調 整

相談者からの申し立てを相手に伝え、双方が納得できるような解決に向けて調整します。

調整が不調に終わったとき

調 査

コンプライアンス委員会への通告 

星美学園コンプライアンス委員会のもと
ハラスメントかどうか判定するために事実関係の調査を行い、調査結果を審議します。