幼児保育学科

Department of Early Childhood Education and Nursing

2021年(令和3年)4月 星美学園短期大学3年制スタート!(認可申請中)

保育のスペシャリストになるための特別な学び

星美で学べる特別支援教育

現在、保育の現場では、障がいのある子ども・ない子どもを、一緒に保育する(これを「インクルーシブ保育」といいます)ことが一般的になりつつあります。それに伴い、保育者の子どもへの理解についても、より深いものが求められます。保育所や幼稚園、また特別支援学校や障がい児施設など幅広い現場のニーズに応え、子どもたち一人ひとりに最適なかかわりができる力を身につけてほしい。そんな想いから、本学では、「特別支援学校教諭(二種)免許」と「発達障がい児保育ベーシックプログラム」の2つのカリキュラムを設けています。

「発達障がい児保育ベーシックプログラム」と「特別支援学校教諭(二種)」について

「発達障がい児保育ベーシックプログラム」は、保育所や幼稚園の現場で、発達障がいのある子の支援ができるようになりたい人におすすめです。一方、「特別支援学校教諭免許」は、特別支援学校などの専門的な障がいのある子の支援の現場に勤めたい人におすすめの資格です。その他にも、教育実習の有無、資格のタイプなどに違いがあります。

発達障がい児保育
ベーシックプログラム

  • 保育現場でニーズの高い、発達障がいに対応する技術
  • 幼稚園・保育所などの保育現場に就職する人に〇
  • 教育実習なし

本学が発行する修了証書

特別支援学校教諭

  • 知的障がい、肢体不自由、病弱などの障がいに対応する技術
  • 特別支援学校など専門的な障がいのある子の支援の現場に就職する人に〇
  • 教育実習あり

国家資格

「発達障がい児保育ベーシックプログラム」は、幼稚園教諭免許と保育士資格を取得見込みであれば受講可能です。修了試験に合格すれば専門性の証である修了証を授与します。

「発達障がい児保育ベーシックプログラム」を履修すると、「発達障がいのある子」の保育についての基礎的な専門性を身につけることができます。併せて、「特別支援学校教諭(二種)免許」の取得により、特別支援学校への就職や、保育所や幼稚園の「特別支援教育コーディネーター」を目指すことができます。

全国でも珍しい!!保育の短大で学べる「特別支援」のカリキュラム

(1)カリキュラムの特徴

視覚障がい、聴覚障がい、知的障がい、肢体不自由、病弱、発達障がいそれぞれを学ぶ授業が多数設置されています。特に、幼稚園・保育所で支援のニーズが高い発達障がい(LD、AD/HD、自閉スペクトラム症)の授業が充実しています。なかでも、「自閉スペクトラム症」は、社会性やコミュニケーションにおいて支援が必要な障がいであり、支援ニーズが高い障がいであるといわれています。この「自閉スペクトラム症」を中心的に学べる専門科目が設置されているのは、全国でも珍しいといえます。

(2)授業の進め方

①初めてでもイメージしやすい講義

パワーポイントによる講義や、映画やDVDなど映像を使い、障がいのある方の生活を題材とした小説やマンガなども活用した講義など、受講者がイメージを持ちやすいような工夫をしています。

②一人ひとりのニーズに合わせた教材づくり

特別支援学校の教材に触れ、実際に作る学習が行われます。昨年の教材づくりでは、障がいのある子が目で見てパッとわかる教材や、子ども一人ひとりの特徴を理解し記録する教材などを中心に行いました。特別支援教育の場合、子ども一人ひとりの特徴を踏まえて教材づくりをする必要があります。

③現場でいきる実践的な授業

基本的な知識・技術を学んだあとは、「答えを教えてもらう」のではなく、シミュレーションや事例検討など「自ら考える」形式の実践的な授業を行います。

2019年度卒業生 特別支援学校教諭(二種)免許取得者の就職先と割合について

2019年度 特別支援学校教諭(二種)免許取得者就職先(15名)

障がいのある子への保育技術は今や必須!すべての子どもが共に過ごす保育現場

保育現場で障がいのある子を受け入れている園の割合データです。今の保育現場では、公立・私立問わず、約8割以上の園が障がいのある子の入園を受け入れています。だからこそ障がいのある子の保育は知識も技術も学生のうちにしっかり学んでおきたいものです。

障がい・特別に支援を要する園児(経年比較)

  • 07/08年調査
  • 12年調査
  • 18年調査

ベネッセ教育総合研究所「第3回幼児教育・保育についての基本調査」(2018年)
図1-7-1障がい・特別に支援を要する園児(経年比較)より
※「いる」の% ※経年比較は幼稚園・保育所のみ

保育現場が最も重視する「特別支援教育」の専門知識

保育現場の先生方が、最も勉強しなければならないと感じている内容も「特別支援教育」に関する知識と技術が圧倒的に高いことが調査でも示されています。

保育者にとって特に必要だと思う研修の内容(園の区分別に上位5項目)

ベネッセ教育総合研究所「第3回幼児教育・保育についての基本調査」(2018年)
表 3-3-1保育者にとって特に必要だと思う研修の内容(園の区分別に上位5項目)より
※複数回答 ※同じ項目は同じ色にしている ※「その他」を含めた21項目のうち、区分ごとに上位5項目のみ表示

多くの保育園や幼稚園で障がいのある子どもが保育を受けるようになりました。その中で、特に「発達障がい」のある子どもが増えています。発達障がいの子どもたちは一見集団になじみにくく「困った子」と捉えられがちですが、周囲の大人以上に、子どもたち本人が何かに「困っている」のです。保育者には、「発達障がい」のある子どもの保育に関する専門性が求められています。

特別支援教育座談会 なぜ「保育」に「特別支援の学び」が必要?その深〜いヒミツ

特別支援に関するQ&A

特別支援教育・特別支援学校教諭免許について

特別支援教育とは何ですか?
特別支援教育とは、障がい等により特別な支援を必要とする子どもたちが在籍するすべての学校(幼稚園・保育所から高等学校の通常学級を含む)において実施される教育支援のことです。子ども一人ひとり教育的ニーズを把握しながら適切な指導を行うことによって、その子どもの自立と社会参加を支援します。
特別支援学校とは何ですか?
平成19(2007)年度から、これまでの盲学校・聾学校・養護学校が統合されて特別支援学校となりました(1つの学校で複数の障がいに対応することも可能となる)。障がいのある児童・生徒に対し、幼稚園・小学校・中学校・高等学校に準じる教育や、障がいによる困難を克服するために必要な知識・技能などを養うことを目的とした学校です。
特別支援学校教諭免許を取得することによって何かメリットはあるのですか?
平成19(2007)年度から、幼稚園・保育所においても特別支援教育が行われるようになりましたが、多くの幼稚園・保育所には専門教育を受けた先生は、まだ少ない状況です。したがって、特別支援学校教諭免許の取得は、特別支援教育に関する専門教育を受けた証として、幼稚園・保育所の就職に有利になると思われます。その他に、勤めるにあたって有利な職種としては、特別支援学校の臨時的任用教員、小・中学校の特別支援教育支援員などがあります。また、保育士資格を取得し、障がい児施設に就職する場合にも、有利になる場合があります。なお、令和2(2020)年度公務員採用試験(公立保育所保育士)の合格者は、全員特別支援学校教諭免許を取得した学生でした。

(参考)臨時的任用教員:特別支援学校における欠員補充や、休職、病気休暇、育児休業等で勤務することができない教員や育児短時間勤務をする教員の代替としての非常勤職員。
特別支援教育支援員:通常の小・中学校で、障がいのある子どもの日常生活や学習活動のサポートをする職員(一般的に非常勤)
特別支援学校教諭免許の一種と二種は、どこが違うのですか?
簡単に言うと、学士の資格によって取得できるのが一種、短期大学士の資格によって取得できるのが二種です。
特別支援学校教諭免許をとるための条件はありますか?
幼・小・中・高の教員免許が基礎免許として必要となります。よって、本学で特別支援学校教諭免許を取得する場合、まずは「幼稚園教諭二種免許」を取得できるように努めて頂くことになります。
臨時的任用教員ではなく、特別支援学校の正規職員になることはできますか?
特別支援学校では、幼稚部の設置が非常に少ないため、ほとんどの都道府県では正規職員になるために、基礎免許状として小・中・高等学校のいずれかの教員免許が必要となります。正規採用を目指す人のために、本学では星槎大学との教育連携により、小学校教諭二種免許を取得することができるようになりました。小学校教諭免許を取得した後、各都道府県の教員採用試験に合格すれば、特別支援学校の正規職員になることが可能となります。詳しくはオープンキャンパス、もしくは学校見学の折にお尋ねください。

授業について

どのような授業を行っていますか?
(1)設置されている科目について
視覚障がい、聴覚障がい、知的障がい、肢体不自由、病弱、発達障がいそれぞれを学ぶ授業が多数設置されています。特に、幼稚園・保育所で支援のニーズが高い発達障がい(LD、AD/HD、自閉スペクトラム症)の授業が充実しています。なかでも、「自閉スペクトラム症」は、社会性やコミュニケーションにおいて支援が必要な障がいであり、支援ニーズが高い障がいであるといわれています。この「自閉スペクトラム症」を中心的に学べる専門科目が設置されているのは、全国でも珍しいといえます。

(2)授業の仕方について
授業は、パワーポイントによる講義や、特別支援学校の教材に触れ実際に作る学習が行われます。講義では、映画やDVDなど映像を使い、障がいのある方の生活を題材とした小説やマンガなども活用して、受講者がイメージを持ちやすいような工夫をしています。昨年の教材づくりでは、障がいのある子が目で見てパッとわかる教材や、子ども一人ひとりの特徴を理解し記録する教材などを中心に行いました。特別支援教育の場合、子ども一人ひとりの特徴を踏まえて教材づくりをする必要があります。これらの基本的な技術を学んだあとは、「答えを教えてもらう」のではなく、「自ら考える」形式の授業に移行していきます。

実習について

特別支援学校教諭免許を取得するために、どのようなところに実習に行くのですか?
障がいをもつ子が通う「特別支援学校」で実習をします。実習では、小学校低学年~高校生まで幅広い年齢の子どものクラスで学ばせて頂きます。実習校は主に、東京都、埼玉県、千葉県にありますが、実習生の住所を考慮して短大の方で実習依頼を行い、学生の希望や通勤時間を考慮して配置します。
実習はいつ、どのくらい行けばよいのですか?
基本的に、特別支援学校に2週間の実習に参加します。また、実習の時期は、3年目の10-12月の間2週間となります。