幼児保育学科/専攻科

Department of Early Childhood Education and Nursing

教員紹介

阿部 健一(あべ けんいち)

教授、学長

専門分野
障がい児保育、発達心理学
取得学位
修士(文学)
主な授業担当科目
「人格論」など
主な研究業績等

研究論文

  • ・「特殊教育から特別支援教育へ―保育所の巡回相談活動をとおして考える―」(『星美学園短期大学研究論叢第』52号 2020年)

共著

  • ・『大人になった障害児』(メヂカルフレンド社 1991年)
  • ・『保育のこころを探る』(福村出版 1996年)

私たちの中にある「悪」は、何をもたらすのか。私たちの中にある「善」は、「悪」に勝てるのか。勝てるとすれば何によって勝てるのか。トルストイの民話、マザー・テレサの生き方、本学のモットー「聡明・誠実・温和」に学びながら考えてみたいと思います。

町田 治(まちだ おさむ)

教授、学科長

専門分野
作曲、作曲理論
取得学位
修士(芸術学)
主な授業担当科目
「幼児と表現(音楽)I、II、III」、「音楽基礎演習I、II」など
主な研究業績等

作品・制作発表

  • ・「金子みすゞの詩による五つの歌」(『星美学園短期大学研究論叢』33号 2001年)

研究論文

  • ・「クラス授業によるピアノ・レッスンの可能性」(『星美学園短期大学研究論叢』40号 2008年)
  • ・「おべんとう」のリズム(『星美学園短期大学研究論叢』49号 2017年)

子どもたちには、いろいろの音に出会い、歌い、楽しみ、音と戯れて欲しいものです。その導き手となるのが保育者。音楽は、特にピアノを初めて習うという人や、楽譜に不慣れな方には敬遠されがちですが、やる気さえあれば心配無用。必ずサポートいたします。

武田 秀美(たけだ ひでみ)

教授、図書館長、自己点検委員長

専門分野
日本の近・現代文学、文学とキリスト教
取得学位
修士(文学)
主な授業担当科目
「幼児と言葉(国語表現を含む)」、「保育内容の指導法 『言葉』」、「児童文学」 など
主な研究業績等

研究論文

  • ・「遠藤周作『深い河』 ―多元的宗教観のテーマ―」(『キリスト教文学研究』 1999年)
  • ・『神神の微笑』―芥川龍之介における日本の諸宗教とキリスト教の受容について―
    (『清泉女子大学キリスト教文化研究所年報』第24巻 2017年)
  • ・「子どもたちのことばとこころと愛を育てる童話 ―アンデルセン『ヒナギク』―」
    (『星美学園短期大学研究論叢』 2018年)

星美での学びと交わりによって、子どもたちを育む温かい「愛」と「慈しみ」の心、優れた良識と豊かな人間性、保育と特別支援のプロの技能を身につけ、社会人としての第一歩をしっかりと踏み出していただけるように、願っております。

中島 千恵子(なかじま ちえこ)

教授、教務部長、情報教育センター長

専門分野
情報工学、教育工学
取得学位
修士(工学)
主な授業担当科目
「教育情報学」、「情報処理I」、「情報処理II」など
主な研究業績等

研究論文

  • ・「三年間の保育者養成課程における情報教育カリキュラムの開発と評価」(『日本教育工学会研究会報告集』 2019年)
  • ・「短期大学における安定運用を目的とした学習支援環境の事例研究」(『日本教育工学会研究会報告集』 2008年)
  • ・「幼稚園の初心者教師を対象とした学習システム」(『教育システム情報学会誌』共著 1996年)

パソコンスキル、プレゼンテーション力、企画力、柔軟な思考力など、保育現場に必要となる実践的な力を確実に身につけましょう。パソコンが苦手な方も安心してください。基礎からゆっくり丁寧に、自信がつくまで指導します。

田中 直美(たなか なおみ)

教授、ALO、評価員

専門分野
幼児教育学、カトリック教育
取得学位
修士(家政学(児童))
主な授業担当科目
「保育者論」、「保育内容総論」、「キリスト教学」など
主な研究業績等

研究論文

  • ・「幼児教育・保育の分野におけるドン・ボスコの予防教育法の適用に関する一考察(1)―ドン・ボスコとアポルティ―」(『星美学園短期大学研究論叢』第52号 2020年)

3年ぶりに星美に戻ってきました。星美も新しく生まれ変わったようですが、変わりつつある日本の保育事情もしっかりと見極めながら、心機一転頑張ります。皆さんも一緒に頑張りましょう。

打越 みゆき(うちこし みゆき)

准教授、入試広報委員長、FD委員長、IR委員長

専門分野
舞踊教育、幼児体育、保育士養成
取得学位
修士(人文科学)
主な授業担当科目
「保育内容の指導法『健康』」、「保育実習」、「幼児教育研究(乳幼児のあそびと健康教育)」など
主な研究業績等

研究論文

  • ・「親子遊びの実態に関するー考察 ―5歳児親子を対象に―」(『星美学園短期大学研究論叢』42号 2010年)

編著

  • ・遠藤保子、細川江利子、高野牧子、打越みゆき『舞踊学の現在 芸術・民族・教育からのアプローチ』(文理閣 2011年)

共著

  • ・高野牧子編著『うきうきわくわく身体表現あそび―豊かに広げよう!子どもの表現世界―』項目執筆(同文書院 2015年)

幼児期の運動あそびは、将来の運動する力の基本となる重要なあそびです。幼稚園や保育所で毎日たくさん体を動かして、いろいろな種類のあそびをしたいもの。まずは学生の皆さんも、たくさん踊って、たくさんゲームをして、「楽しむ」を体験しましょう!!

遠藤 愛(えんどう あい)

准教授、日伊総合研究所長、研究論叢編集委員長

専門分野
特別支援教育、応用行動分析学、臨床心理学
取得学位
修士(心理学)
主な授業担当科目
「発達障がい児指導法演習」、「自閉症児・者の支援」、「知的障害者教育論」など
主な研究業績等

研究論文

  • ・「特殊学級教員の指導行動の変容を促す介入―教員の抵抗感を回避するためのフィードバックの工夫―」(教育心理学研究56 日本教育心理学会 2008年)

共著

  • ・『連携とコンサルテーション―多様な子供を多様な人材で支援する―』(ぎょうせい 2017年)
  • ・『カンファレンスで深まる・作れる―配慮を要する子どものための個別の保育・指導計画―』(学苑社 2018年)

特別支援教育は、障がいをもつ人など「特別な立場の人」を理解するための知識や技術と考えられがちですが、私達の日常を改善するヒントをくれる学びです。皆さん自身が障がいをもつ人の目線にたち「こうしたらいいかも!」と発想できる授業を目指しています。

井出 麻里子(いで まりこ)

准教授、学生部長

専門分野
モンテッソーリ教育学、幼児教育学
取得学位
博士(教育学)
主な授業担当科目
「モンテッソーリ教育概論」、「教育方法論」、「幼稚園教育実習」など
主な研究業績等

翻訳

  • ・H.ハイラント著 平野智美・井出麻里子共訳『マリア・モンテッソーリ―その言葉と写真が証す教育者像』(東信堂 1999年)

研究論文

  • ・「乳児の動きを引き出す保育環境-モンテッソーリ教育の理論と実践を通して-」(『星美学園短期大学日伊総合研究所報』6号 2010年)

教育活動

  • ・公益財団法人 才能開発教育研究財団 日本モンテッソーリ教育綜合研究所主催 モンテッソーリ教育教師養成通信教育講座 理論科目担当講師

実習は子ども達と直に触れ合うことができる貴重な学びの場です。日頃の成果が十分に発揮され、充実した体験となるよう丁寧に事前事後の個別指導を行っています。学生の皆さんが目を輝かして実習体験を語ってくださるこの時間をとても楽しみにしています。

大井 美緖(おおい みお)

准教授

専門分野
幼児教育学
取得学位
修士(家政学)
主な授業担当科目
「保育教育課程論」、「保育内容の指導法『環境』」、「幼稚園教育実習」など
主な研究業績等

研究論文

  • ・「幼稚園教育実習における指導案作成指導」(『星美学園短期大学日伊総合研究所報』 第15号 2019年)

共著

  • ・『環境の指導法』(玉川大学出版部 2014年)第3章分担当
  • ・『新版 保育用語辞典』(一藝社 2016年) 環境の構成、環境教育 等 一部の用語を担当

人との出会いや多様な経験は財産となります。人との出会いを大切に、たくさん学び、たくさん遊び、学生生活を充実させ、夢を実現させましょう!

中内 麻美(なかうち あさみ)

准教授

専門分野
臨床発達心理学、児童福祉
取得学位
修士(教育学)
主な授業担当科目
「社会福祉論」、「子ども家庭支援論」、「保育実習指導」など
主な研究業績等

研究論文

  • ・「発達障害が疑われる児童における約束カードによる行動調節の支援」(臨床発達心理実践研究第7巻 2012年)

共著

  • ・「通常学級における特別支援教育の視点に立った学級経営―未来志向の教育デザイン―」(学苑社 2013年)

翻訳書

  • ・「臨床行動分析のABC」(日本評論社 2009年)分担訳

子どもや家庭の置かれている状況は多様化しています。よりよい育ちとは,どういうことか?保育者として,何ができるのか?が課題となります。私たちにとって身近なところから,一緒に話し合ってみましょう。

渡邉 孝継(わたなべ たかつぐ)

専任講師、国際交流委員長

専門分野
応用行動分析学、障害児者心理学、臨床発達心理学
取得学位
修士(心理学)
主な授業担当科目
「発達心理学」、「障害者教育総論(知・肢・病)」、「教育相談基礎論」など
主な研究業績等

研究論文

  • ・「自閉スペクトラム症児の対人葛藤場面における互恵的な分配行動の獲得―他者との円滑な対人交渉を目指して―」(『言語文化学会論集』50巻 2018年)
  • ・「神経発達症児への支援プログラムに参加する大学生を対象としたスタッフトレーニングの効果―習得される応用行動分析に関する知識の分析―」(『人間関係学研究』23巻 2018年)

共著

  • ・『第1回公認心理師国家試験―要点解説と必修用語―』(文光堂 2019年)

言葉を獲得する前の乳幼児はどのようにコミュニケーションを取っているでしょう?
どのように成長していって、どんなことにつまづくのか、その時どんな方法で支えることができるのかなど、“実践型の心理学”を学んでみませんか?