新型コロナウイルス感染症への対応

1.感染予防対策

感染予防のための取り組み 〜キャンパスで安心して過ごせるように〜

星美学園短期大学では、新型コロナウイルス感染予防のために、学生・教職員に対して感染防止策を周知徹底すると共に、様々な取り組みを実施しています。

①サーモグラフィ体温計の設置(2020年度後期から)

本校舎入口にサーモグラフィ体温計を設置し、入校前の体温チェックを必須としています。

入校後、教室に入る前に、必ず石けんを使って手洗いをします。教室の一部を手洗い場として常に開放しています。

②マスク着用、机の配置、換気

対面授業の受講時は、全員マスクをして間隔を空けて指定された座席に着席します。また、教員は、フェイスシールドを着用して、講義を行います。教室の窓や扉は常時開放しており、換気をしています。

③アクリルパネル等の設置

対面で対応するカウンターや演習室・ピアノレッスン室には、飛沫防止のためアクリルパネル等を設置しています。

  • 事務室カウンター

  • 図書館カウンター

  • ピアノ個人レッスン

④食堂・ラウンジ

ステラホール(食堂)やラウラルーム(ラウンジ)等の休憩室の座席は、間隔を空けて座るように椅子を減らし、アクリル板を配置しています。 

⑤消毒液の設置

玄関入口や教室などに消毒液を設置し、手指消毒を呼びかけています。

⑥掲示での注意喚起

学生の皆さんが少しでも安心して登校できるよう、感染予防策を講じています。
学生の皆さんには、随時、感染予防についての注意事項を「e-pa」等でお知らせしています。
必ず確認したうえで、登校するようにしてください。

2.授業について

2021(令和3)年度の「前期」授業は、2020(令和2)年度から引き続き、「対面」と「遠隔」により実施します。
感染状況により、変更することもありますので、学生連絡網「e-pa」または本学のブログ等を随時確認してください。

3.学生サポート

学生の皆さんへのサービスは、コロナ禍においてもなるべく滞ることのないよう、感染予防対策を講じた上で、実施しています。
また、学生を対象とした公的な支援金、奨学金などについては、随時、お知らせしています。

①各種相談業務
メールや電話など、対面を避ける形で対応しています。また、学生相談については、Zoomなど双方向型の遠隔システムを用いて行うことも可能です。
②サークル活動
活動の申し出がある場合は、顧問や学生部教職員と事前に相談の上、感染予防対策を講じて実施することが可能です。
③経済的支援
国や日本学生支援機構などから学生を対象とした支援金、奨学金などの経済的支援が実施される場合、速やかにお知らせしています。
学校が窓口であるものについては、申し出に対して、随時、申請の手続を行っています。また、アルバイト関連の支給金などについてもお知らせしています。

感染症にかかった時、濃厚接触者になった時、症状がある時

①本人または、同居家族が新型コロナウイルス感染症と診断された場合、濃厚接触者となった場合
新型コロナウイルスに感染していると診断された場合や、濃厚接触者となった場合は、保健所等の公的機関からの指導に従ってください。指示された日までは「出席停止」となります。
また、判明後はただちに短大まで電話連絡(03-3906-0056)をお願いいたします
②本人または、同居家族に感染が疑われるような症状がある場合

感染予防の観点から、以下の場合は、登校せず、必ず短大に電話(03-3906-0056)を入れてください。心配な場合も含め、連絡なく登校はしないでください

  1. 本人が発熱・咳・くしゃみ・鼻水・咽頭炎・倦怠感・頭痛・腹痛・息苦しさ・味覚や臭覚の異常等の症状がある場合
  2. 同居の家族が「上記1.」の症状がある場合
  3. 身近な人(バイト先など)が濃厚接触者となった場合
  4. 同居の家族または身近な人が保健所の指示によりPCR検査を受ける場合

登校の許可は、「病院等を受診し、医師より登校を許可された場合」および「平熱に戻り症状が治癒してから3日~1週間後」となりますが、いずれにしても、登校前には必ず短大に電話連絡をして、登校許可を得てから登校してください。なお、登校できない期間は「出席停止」扱いとなります。

登校できるようになりましたら、「新型コロナウイルス感染症出席停止届」を1週間以内を目処に教務・学生支援課まで提出してください。