発展協力会

新着情報

発展協力会について

星美学園短期大学発展協力会は、会設立当初の教職員たちによって立ち上げられました。
教育・研究の環境を整え、学術的水準を向上させたいとの切なる願いによるものであり、教職員が発起人となって「会則」の草案を起こしました。
それは、「星美学園短期大学日伊総合研究所」の設立と並行して行われ、研究所の維持運営は、本学が本学としての特徴を世に示し、大学としてのステイタスを保持することでもありました。
さらに学生の学びを支援する環境の整備、施設、設備および機器備品の充実など、諸事業の推進に当たって必要な、財政的な協力をすることを目指して活動を続けています。

発展協力会会長からのメッセージ

星美学園短期大学発展協力会
会長
高野 晴代

星美学園短期大学は、創立者ドン・ボスコとマリア・マザレロの遺産による建学の精神に基づき、人間愛の精神と価値観を身に付けた社会人を育成することを目指して、教育活動を行ってきました。
しかし、昨今の少子化による大学危機が始まった頃より、上に記した本学の教育理念を維持し発展させるには、経済的な裏付けも要請され、「発展協力会」が計画されました。そして、平成17年にようやく設立に漕ぎ着けたのです。
以来、多くの方々のご理解、ご賛同を得て、順調にその活動が続けられています。まず大学としての活力を象徴する日伊総合研究所の後援が挙げられましょう。所報も毎年刊行され、充実した研究の数々が収載されています。さらに広報活動への援助を行っています。本学の教育の理念、それに基づく成果を多くの方々にお伝えできますことは、大変ありがたいことと存じます。
こうした多方面のご協力に深く感謝申し上げます。本年度も引き続き、ご支援くださいますよう、お願いいたします。

学長からのメッセージ

星美学園短期大学
学長
阿部 健一

日頃より「星美学園短期大学発展協力会」へのご支援を賜り、心よりお礼申し上げます。
短期大学を取り巻く環境は、年々厳しさを増しております。本学では、「幼児保育学科」のみの単科大学への移行、人件費のカット等によりこの難局に対処してまいりました。
本学は、特別支援学校教諭免許(二種)を取得できる全国でもめずらしい短期大学です。さらに、本学独自の「発達障がい児保育ベーシックプログラム」によって、特別な支援を要する子どもたちの保育を適切に行える保育者の養成を行っています。
また、本学では、2019年度から「共学」をスタートさせました。女性保育者と共に、保育現場をリードできる男性保育者の養成を行っていきます。
このように、本学は、独自のカリキュラムによって、保育現場を牽引していける保育者の養成を目指しています。
本学の対外的な活動としては、「日伊総合研究所」の活動があります(ぜひ、その多様な活動を本学Webでご確認ください)。
この「日伊総合研究所」の活動も、みなさまからのご寄付によって支えられています。今後とも、発展協力会へのご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

日伊総合研究所所長からのメッセージ

星美学園短期大学
日伊総合研究所 所長
小島 順子

「星美学園短期大学日伊総合研究所」は、ひとえに「星美学園短期大学発展協力会」のご支援により運営が成り立っています。本学の設立母体であるサレジアン・シスターズの二人の創立者がイタリア人の聖人であること、総本部がローマにあることなどから、本学は創立当初からイタリア色を打ち出したカリキュラムなどが設定されてきました。そして平成16年5月に研究所が立ち上げられて以来、イタリアに関する研究を中心に広く各専門分野の研究に貢献される先生方に利用して戴く機関として活動しております。特に、教育者であった創立者ドン・ボスコの研究を活性化したいとの思いを常々抱いてきましたので、当初はドン・ボスコに関する研究発表もいくつかありました。
人間文化学科の廃止とともに、幼児保育学科において、保育者(幼稚園教諭・保育士・特別支援学校教諭)の養成に力を入れることになった今、ドン・ボスコ研究は一層力を入れるべき研究の中心分野となりました。
研究所のこれまでの主な活動は、毎年夏の「公開講演会」と冬の「研究発表会」でした。平成26年度から、長いこと独立して継続してきた「公開講座」が研究所の事業に組み入れられましたので、これらの事業や研究活動をさらに活発にしていくために、「発展協力会」のご支援は不可欠であり、今後につきましても大いに期待し、感謝のうちにお願いする次第でございます。